季節の食材で繊細な味覚をお楽しみください。

料理長 渡邊 守

日本料理の奥深さと魅力

“味をなにより大切に”

季節毎のお料理を
量より質を重視し
お客様に熟練された技術で
上質のおもてなしを致します。

料理長 渡邊 守

明智光秀山城料理
天生十年五月 徳川家康饗応膳

懐石料理一例

2019年9月4日~ 水・木・金(特別日を除く)限定
明智光秀山城料理 提供開始

明智光秀ゆかりの地である御嵩町に訪れる大勢の観光客の皆様に楽しんでいただきたく、了山では2019年9月4日より「天生十年五月 徳川家康饗応膳」のご提供を開始します。

料理名 明智光秀山城料理 天生十年五月 徳川家康饗応膳
提供日 9/4(水)~ 毎週水・木・金の3日間限定(要予約)
※特別日は除く
※繁忙期はお休みさせていただくこともありますのでお問い合わせくださいませ。
※ご予約は4名様以上・一週間前までにお願いいたします。条件を下回る場合はお問い合わせくださいませ。
料 金 ◯お食事のみのご利用(昼食・夕食)※最大20膳
 お一人様 12,100円(税込)
◯ご宿泊でのご利用 ※朝食は通常料理になります
 特別室 基本プラン+3,300円(税込)
 露天風呂付客室 基本プラン+4,400円(税込)
 スタンダード  基本プラン+6,600円(税込)

明智光秀山城料理 天生十年五月 徳川家康饗応膳 について

勉強会の様子

天正十年(1582年)5月、武田討伐に功をなした徳川家康を安土城でもてなすため織田信長に饗応役を命じられた明智光秀が用意した贅を尽くした料理で、一説には明智光秀が本能寺の変を起こすきっかけとなった料理ともいわれています。
了山の厨房スタッフは饗応料理(供応料理)の調理方法や装飾の仕方、政治的・外交的な役割など勉強会を重ね、試行錯誤しながら研究し、ついに完成いたしました。
味は現代人にあうようにアレンジしつつ、装飾は可能な限り当時の様式に則っています。
この機会にぜひ、歴史に思いを馳せながら了山自慢の饗応料理をお召し上がりください。

鬼退治伝説 明智光秀 山城料理 天生十年五月 徳川家康饗応膳

※特別に取り寄せる素材の調理により、アレルギー対応は出来かねます。事前にお問い合わせ下さい。

懐石料理一例

懐石料理イメージ 懐石料理イメージ 懐石料理イメージ
  • 懐石料理イメージ
  • 懐石料理イメージ
  • 懐石料理イメージ

お品書き

 令和三年三月・四月

※素材の鮮度により一部献立が変更になる場合がございます。
※こちらのお品書きは特別室の内容でございます。スタンダードの客室や宴会の内容はお問合せ下さいませ。

お部屋または個室でお召し上がりいただけます。お部屋食を特にご希望の方は、事前にお問い合わせ下さい。

一、食前酒
季節のお酒
一、前 菜
飛騨牛ローストの海胆乗せ海胆殻盛り
蕨、筍
菜の花、筍
蛍烏賊、沼田
三色団子
蓬豆腐
白魚とんぶり和え
鯛の子旨煮
一、椀物替り
浅利と鯛の酒蒸し風
 白髪葱、青のり
一、造 里
本鮪のお造り
 泡醤油 あしらい一式
一、焼 物
岩魚塩焼き
 木の芽田楽、葉地神
一、鍋 物
古地鶏の山菜鍋
 芹、蕨、蕗、古地鶏
  山茶茸、厚揚げ
一、強 肴
飛騨牛薄板焼き
 米茄子、絹筍、ロマネスコ
  土佐梅肉ソース
一、揚 物
山菜天麩羅
 海老、素塩
一、食 事
筍御飯
 赤出汁、香の物
一、水 物
季節のフルーツ二種盛り
 桜のゼリー

了山調理部 謹製

※アレルギーをお持ちのお客様は、事前にお申し付け下さいませ。
※素材の鮮度により一部献立が変更になる事があります。

ご昼食・ご夕食プラン

ご昼食・ご夕食プラン

2名様1室
お料理代 6,325円~ 室料 3,795円
3名様以上1室
お料理代 6,050円~ 室料 無料
特別室・露天風呂付客室 2~5名様
お料理代 12,650円~ 室料 7,590円

ご昼食、ご夕食・各種ご宴会にどうぞ。
お一人様 6,050円より会席料理を承ります。
・料金は消費税込・サービス料込です。
・カードのお支払いはご遠慮頂いております。

お問い合わせはこちら

レディースプラン

レディースプラン

Bプラン 四季膳 4,840円
Cプラン 飛祥膳 6,050円

レディースプランでは明智光秀山城料理 天生十年五月徳川家康饗応膳のご用意はいたしかねます。

・Aプランは取り扱いを終了いたしました。
・3名様以上でお申し込みください。
・ご夕食は各1,100円増しになります。
・土・日・祝日は除かせていただきます。
・デザートとポーチをサービス
・11,000円プラスでご宿泊(朝食付)に変更可能
・料金は消費税込・サービス料込です。
・カードのお支払いはご遠慮頂いております。
・画像はイメージです。

お問い合わせはこちら

了山公式facebook 了山公式Instagram 了山ブログ お問い合わせ